« クラゴ峠~生籐山~柏木野 | トップページ | 中央線沿線 北尾根~本社ヶ丸 »

2019年2月 1日 (金)

中央線沿線 九鬼山~馬立山

_640
【馬立山から続く縦走路】

12月に続いて九鬼山へ。
前回東尾根で見かけた手作り道標「朝日小沢へ」が示すルートを確かめたくて。
2万5千図では570mあたりで破線が途切れているが、これが東尾根まで続いているのだろうと考え登路としてみる。

前回同様に猿橋駅からバス営業所まで歩いて始発を待つ。
もう御一人、乗車。幡野入口で下りられたので鈴ヶ尾山へ向かわれたか。

前回と同じ道を辿り、深桂橋へ。
橋を渡って5分も進むと林道が終わり山道となる。左岸を行く。
二俣があらわれたところで、道はいったん沢を渡って二俣の中間地へ。直ぐに戻るように進んで、同じ沢を渡り返す。
岸は流れに抉られているので、渡渉の際、沢へ安全に降りれる場所を慎重に探す。

植林の斜面に路肩部へ丸木がおかれた九十九折れの古い道が続く。落ち葉が積もっているので、うっかりすると見失いそうになる。
P871から北へ派生する尾根の800m付近に出る。左に進んで最後は急な斜面を登ると手作り道標のところだ。ここからは見覚えのある道。

山頂で他に登山者なし。これ幸いと北へのびる尾根を降りてみる。
九鬼山から札金峠へ向かう登山道は、北東の尾根を降りてからトラバースする。
山頂直下が急なために回り道となっているのだと思うが、ネットで地図を見ていると左の肩から北へ向かって破線が伸びている。歩かれていないものの道はあるというのか、あったというのか。実際に降り口に立ってみると、何とか歩けそうに見える。行き詰ったら登り返すつもりで歩き出す。部分的にかなり急な斜面で、立ち木につかまったり、灌木や倒木を除けたりしながら何とかおりきる。ま、あまりお勧めしたい道ではないかな。

馬立山へ向かうと何人かの登山者とすれ違う。ふー、変な道を歩いているところを見られなくて良かった、と胸をなでおろす。

馬立山周辺の縦走路は雑木林で足取りも軽くなる。一か所、八五郎クドレのところでルートを間違える。南側に立派な道があるのに北側に入り込んでしまう。後でチェックした登山地図にも「南側を巻く」とちゃんとと記されている。後じゃなくて歩く前にチェックしないとねぇ、、、

下山は未踏のルートで厄王権現の道。
分岐から少し行くとすぐにトラロープが張られたところで、木が根元からごっそりと倒れている。ロープにつかまりながらゆっくり進むと厄王権現。
P580手前の鞍部から道は左に折れるが、その前にP580へ立ち寄ってみる。
道には立ち入らないように枝が置かれている。その先には小さな道標もあるので以前は歩かれていたのかもしれない。P580は展望がきいて静かな休憩敵地。

良い天気のなか楽しく歩いた1日。


【記録】2019年1月27日(日)  晴れ

猿橋駅 7:10 -- 営業所前7:20/7:25 (バス朝日小沢上行) === 朝日小沢BS 7:39/7:40 -- 深桂橋 7:50 -- 林道終点 7:55 -- 二俣(590m付近) 8:10 -- 枝尾根上(800m) 8:35 -- P871 8:55 -- 九鬼山 9:40 -- 札金峠 10:15 -- 馬立山 10:50/11:05 -- 厄王権現分岐 11:40 -- 大月駅 12:40

(休憩時間を含んだおおよその通過時刻です。ルートには登山道として整備されていない道を含みます。歩かれる場合は自己責任でお願い致します)


【GPS軌跡】
Photo

【出会いいろいろ】
Dscn2645_640 Dscn2658_640
猿橋の駅を出ると月が           二俣

Dscn2660_640 Dscn2661_640
こんな道                  東尾根の道標

Dscn2665_640 Dscn2669_640

Dscn2671_640
 Dscn2672_640

Dscn2675_640
 Dscn2680_640
                         札金峠

Dscn2691_640 Dscn2693_640
厄王権現への分岐            いきなり倒木

Dscn2698_640 Dscn2701_640
厄王権現                 鳥居の先にP580

Dscn2707_640 Dscn2709_640
                      下山口を振り返って

« クラゴ峠~生籐山~柏木野 | トップページ | 中央線沿線 北尾根~本社ヶ丸 »

中央線 道志周辺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中央線沿線 九鬼山~馬立山:

« クラゴ峠~生籐山~柏木野 | トップページ | 中央線沿線 北尾根~本社ヶ丸 »